HOMEリボン辞典リボンの素材

リボンの素材

リボンの素材

リボンの素材には綿、アセテート、ポリエステルなどがあります。それぞれの素材の特徴を生かすことで、多彩な表情をもつリボンが生まれます。こちらでは、リボンの素材の詳細についてご紹介いたします。

リボンの素材について

リボンの素材とは、「リボンを構成している糸(原糸)」、つまり繊維名のことです。
繊維は大別すると、天然繊維・再生繊維・半合成繊維・合成繊維に分けられます。さらに枝分かれして、天然繊維の中には絹・綿など、再生繊維にはレーヨンなど、合成繊維にはポリエステルというふうに分別されます。

以下はリボンの主な素材とその特徴です。
一言で「リボン」といっても、繊維ごとに特徴があります。そのため、同じ素材を使っていても原糸の形により、仕上がりの見た目や風合いに違いが生じます。

ポリエステル

特徴:優れた強度を持ちます。
耐磨耗性・耐久性に優れています。

アクリル

特徴:染色性に優れています。
鮮明な色が出やすい素材です。

ナイロン

特徴:優れた強度を持ちます。
非常に強い繊維のひとつです。伸縮性にも優れています。

レーヨン

特徴:吸水性・吸湿性に優れています。
光沢感やドレープ性にも富み、婦人用の衣類に多用されています。

アセテート

特徴:絹のような光沢を持ちます。
吸い付くような独特の手触りも特徴のひとつです。

綿

特徴:吸湿性に富んでいます。
肌触りの良さと高い強度を併せ持っています。

リボン辞典