HOMEリボン辞典リボンができるまで

リボンができるまで

リボンがどういった生産工程を経て仕上がるのか?こちらでは、丸進が取り扱うリボンの生産工程を例に挙げ、ご紹介します。

リボンの生産工程

リボンの生産工程はおおまかに以下のように区切られています。
一見すると単純な工程のように見えますが、各作業においては繊細かつ複雑な作業が要求されます。

整経

整経整経とは企画、構成時での図案をもとに、計算された経糸を生産機に掛けるための前工程のこと。
原糸をサイジング(織機にかけられるように糸割)していきます。

シャットル機

シャットル機整経された糸を生産機(シャットル機など)にセットして、リボンを生産します。
この場合、原糸を先に染色するタイプと、リボン生産後に染色するタイプの2タイプがあります。

染色工程

生産されたリボンを、指定色に染色します。

仕上げ・出荷・保管

染色されたリボンを検品します。織りキズや染色ムラなどを入念にチェックする作業です。
検品が終わり次第、丸巻き、カード巻き、ボビン巻きなどに仕上げ、出荷します。また、状況に応じて倉庫に保管しておきます。

リボン辞典